サラリーマンの小遣いでも中国株投資は不労所得が得られる byきゃつきゃつ

中国株小遣い投資で資産形成記事を掲載。1969年生まれ節約投資は2004年から。正直な投資経過を記事にします。破滅か自由を手に入れるか。投資は自己責任でお願いします。このサイトはアフィリエイト広告を掲載しています。

世界的な株高になっていますね。香港市場を除いてですが。

きゃつは左記のアフィリエイトにより収入を得ています。

 

 

 きゃつのブログへようこそ。2024年に入ってから米国市場と日本市場は絶好調。飛ぶ鳥を落とす勢いを見せています。一方きゃつが投資している香港市場は相変わらず人気がありません。

 


 日本人投資家の多くから「 日本か米国市場への投資しておけば良かったのに何故中国市場なのですか? 」との声が聞こえますが、そもそも株価の値上がりを期待して投資していない小生では株価の上昇は複利計算時の追加投資がしづらくなるので歓迎しておりません。この方針は過去からブレておりません。

 


 では実態経済についてはどうでしょうか?2023年の中国GDPは対前年プラス5.2%でした。きゃつも今年は相応の恩恵(配当)を受け取る事になりそうです。株価が伸び悩んでいる現在はチャンスタイム中と判断しております。

 


 中国経済は確かに以前の様なイケイケの状況ではありません。2023年前半にGDPは約6%の成長を見込んでましたが最終的に下方修正しました。2024年のGDP成長予想も4.4%です。アメリカによる中国排除政策の影響、足元で不動産の問題は2024年も続くでしょう。

 


 でもそれで一気に経済崩壊とは考えられません。一部のアナリストさんが中国経済崩壊と騒いでいますが、例えば不動産の問題で潰れるほど経済は、もろくありません。

 


 株価が絶好調の日本の成長率は1.9%でしたがドルベースで遂にドイツに抜かれ4位に転落しちゃいました。円安の影響が大きいですが、数年後にはインドに抜かれて5位になるでしょう。きゃつが2004年から危惧していた人口減少問題も20年放置されココに来て対策すると言われておりますが、全く歯止めがかかっていません。国の財政状態(借金)も相変わらず悪いです。それでも日本経済は急激に崩壊していませんよね。

 


 同じく株価が絶好調なアメリカですが、こちらもウクライナに対して毎年多額の資金援助と武器供与を実施しています。2023年には3つの銀行が経営破綻して預金者に対して保証する為に多額の資金を用意しました。共和党が猛反発していますがジャブジャブお金を刷ってばらまいている状況です。債務(借金)って対GDP比で示す事が多いのですが金額ベースですと下記のランクになります。

 

政府債務(金額)ランキング 単位:億米ドル 出典:OECD 2020
1位:アメリカ    280,313
2位:日本    131,697
3位:イギリス      46,503
4位:フランス      46,144
5位:イタリア      45,820

 

 凄い金額ですが・・それでもアメリカ経済が急速に破綻するとは考えておりません。

 


 各国で課題は山積されています。中国にも課題はありますが日本やアメリカ、ロシアに比べたら可愛いもんだと考えております。経済破綻するかどうか良く覚えておいてくださいね。答えは数年後に出ますから。

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

【雑談】1人暮らし手料理に挑戦するも・・。

 きゃつは左記のアフィリエイトにより収入を得ています。

 

 

 きゃつのブログへようこそ。中国株投資ですが積極的に売買または銘柄を増減している訳では無く投資方針も変わりませんのでブログネタが乏しくなってきました。従って今回は雑談です。

 


 実は16年ぶりに転居を伴う転勤となり現在は単身生活です。家族は学校の都合で4月に来てくれそうです。

 

 1月末から1人暮らしが始まって2週間が経過しました。料理をしたいのですが、転勤直後で平日はできそうにありません。スーパーのお惣菜とか割引のお弁当が多いです。朝はパンを焼くか、予め冷凍していたご飯に簡単なおかず、プラス野菜ジュースで簡単に済ませています。

 

 せめて金曜日と土日だけでも料理しようと頑張って魚(刺身用)のブロックを切ってみたけど今一美味しくない(臭みが・・)そこでバター醤油で焼いてみると・・こちらは美味しい。しかし台所が汚れる・・・。掃除しとかないと妻に叱られる・・。(泣)

 

 こうなると余計面倒になり冷凍チャーハンをチンして食べたり(コレ意外に美味しい)冷凍うどんに刻みネギとキツネを載せて食べてみたり、手抜き料理も併用しています。

 

 洗濯も意外と大変で近くにあるコインランドリーで大量に洗って干しています。干したりYシャツのアイロン(スチーム?)も四苦八苦しながら実施しています。何もかもが新鮮ですが何時も黙って実施してくれている妻に改めて感謝です。

 


 4月まで2ケ月強ありますが、このまま料理を続けるのか?弁当と外食のみに転じるのか?は不明ですが取り敢えず色んな料理(食材)にチャレンジしてみます。今日はドン・キホーテに買い物に行ってみます。

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

広東高速道路12月本決算(未監査)速報発表について

 きゃつは左記のアフィリエイトにより収入を得ています。

 

 

 きゃつのブログへようこそ。今回はお楽しみで発表が待ち遠しい2023年12月期本決算について掲載します。本格的な発表は3月末ですが、既に発表されている銘柄もございます。広東高速道路(200429)は速報(未監査)が公開されました。
 早速発表内容について確認していきましょう。

 

 

単位は百万元(EPSは元)です。

広東高速道路(200429)
【2022年12月期 四半期決算】
売上高:4,168.6 純利益:1,277.1 EPS:0.610
【2023年12月期 速報】
売上高:4,879.0 純利益:1,634.0(28.0%)EPS:0.780

 


 28%増益は素晴らしい結果になりそうですね。個人的には過去最高を更新する点に期待したかったのですが、それは後述するとして配当は一昨年の実績に近づきそうですね。
(参考)
過去最高(売上、純利益ともに2021年12月)
売上高:5,288.1 純利益:1,700.4 EPS:0.810

 


10-12月期のみ
売上高:1,191.2 純利益:277.8
 売上高は例年通りでした。一方純利益は通常であれば470前後なので、こちらが2億元程減少したことになります。
 11月に報道された高速道路の拡張工事に際して8億元を追加出資する事による影響と思われます。もしかしたら2024年前半の純利益も影響があるかもしれませんね。
(参考)
2021年10-12月期純利益:306.1百万元
2022年10-12月期純利益:85.4百万元
 過去2年間の業績を見ても10-12月期は純利益が少ない傾向でしたので、気にする必要も無いかもしれません。

 

 広東省は不動産で有名な碧桂園がある一方でBYDもこの地にあります。約58万人のうち約50万人が広東省勤務です。中国は2023年、自動車販売台数が初めて3000万台を超えて15年連続世界1位です。2位のアメリカが1550万台なのでダントツですね。
 この様な状況なので高速道路の拡張工事による追加出資は絶対必要で、今後の収益性アップも十分期待できると考えます。

 

 将来は誰にも分かりませんので自己責任で投資を考えております。まずは28%増益(速報)を喜びましょう。

 

 最後まで読んで頂き有難うございました。

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

2024年新春初買い 浙江高速を追加購入しました。

 きゃつは左記のアフィリエイトにより収入を得ています。

 

 

 きゃつのブログへようこそ。


 今年は新NISA元年ですね。大多数で日本かアメリカもしくは全世界ファンドを購入されているかと思われますが、きゃつは方針を変えずに中国株個別銘柄へ早速投資を開始しました。

 

 今回購入した銘柄は下記になります。資産は公開しませんので株数は伏せますね。

 

浙江高速道路:5.5HKドル(1株当たりの値段。以下同じです)
広東高速道路:6.13HKドル
浙江高速道路:5.61HKドル

 

 今回は浙江高速道路を中心に追加購入しました。過去ブログでも購入を仄めかしていました。購入理由は、ポートフォリオバランス、業績向上期待、割安銘柄、配当収入期待です。数名の投資仲間にも購入を推奨しました。(自己責任ですよ)

 

 広東高速は100株単位(深圳B株市場)なので調整役としての購入です。

 

 将来は誰にも予測できませんので投資判断が正しいかは5年後から10年後に結果が出ます。


 今年はどんな業績になるのかな?

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

国家運営と経済成長 その他について

 きゃつは左記のアフィリエイトにより収入を得ています。

 

 

 きゃつのブログへようこそ。経済成長は教育とイノベーション等が大事ですが、学問だけではありません。スポーツ、ゲームなどのエンターテイメントも国民を元気にし経済発展へも影響します。孟嘗君の「鶏鳴狗盗」のエピソードを見ても分かる通り、各個人の得意分野を全て発掘できる国であるかは重要です。中国はイノベーションでは優れていますが他の部分はどうでしょうか?

 


 先ずはスポーツです。これらも国家プロジェクトとして各国世界No.1を目指す分野です。この点についてはどうでしょうか?まずは2020年、東京大会のオリンピックメダル獲得数について掲載します。

 

1位:アメリカ    112枚(金メダル39枚)
2位:中国        89枚(金メダル38枚)
3位:ROC        71枚(金メダル20枚)
4位:イギリス      64枚(金メダル22枚)
5位:日本        57枚(金メダル26枚)

 各能力を最大限発揮させるための環境づくり等、研究とお金も必要です。世界1位は選手一人の努力のみでは取れません。幅広い協力と環境も必要ですよね。


 続いて2023年のアジア大会獲得メダル数も下記に示します。
1    中国         383
2    韓国         190
3    日本         188
4    インド        107
5    カザフスタン     80
6    ウズベキスタン    71
7    台湾            67
8    タイ            58
9    イラン           54
10    香港             53
11    北朝鮮         39
12    インドネシア      36


 上記からも中国は幅広い分野で人材育成が出来る国家である事が確認できます。

 

 

国家運営についてまとめます。私見です。

 

 共産党一党独裁政治には課題が存在する事は事実と考えます。独裁国家で数多く運営が出来ていない現状も承知しております。

 


 ただ独裁運営であれば必ず暴動が起こるとか、経済破綻が起こると決めつけるのは如何でしょうか?重要なのは運営方法であり、国民が安全安心して他国からの侵略・攻撃を防ぎながら平和で発展的な運営がされているかを検証するべきではないでしょうか?

 


 民主主義国家でも暴動・内戦は日常的に起きていますし経済破綻も起きています。政治家が賄賂を好んでいる国家もあれば裏金を得ている人も見られます。民主主義であればクリーンで運営もきちんとできているとは限らないのです。

 


 きゃつは全世界の国家運営に注目して最も経済発展が見込めそうなのは中国と判断し2004年から投資を始めました。現在でもその方針は変わっておりません。これからも投資し続けます。但し中国全ての銘柄が発展するとは考えておりません。慎重に時間をかけて投資出来る銘柄なのかを検討します。何回も書き続けますが答えは5年、10年後にでます。

 


 相手の立場に立って客観的に物事を見る事が出来るかが投資で成功する秘訣なのです。

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

国家運営と経済成長 イノベーションについて 特許・論文編

きゃつは左記のアフィリエイトにより収入を得ています。

 

 

 きゃつのブログへようこそ。今回も国家運営と経済成長について紐解いていきます。経済成長に対して重要なのはイノベーションです。前回は大学ランキングについて掲載しましたが、今回は特許と論文について掲載します。

 


 2004年から2006年頃に中国と言えば他国の模倣ばかりで知的財産を無視してコピー製品ばかりを作っている旨、日本のマスコミでも大々的に報道されていました。報道自体は事実だと思われますが、かつて戦後から高度成長期の日本でも同じ状況だった点を棚に上げて、どの口が言うんだろうと個人的には感じていました。
 ただきゃつは別の視点でも考えていました。中国でも他国の質の高い模倣品が作れると言った点です。学ぶは、まなぶ、まねぶ、とも読めるのです。
 まねぶ事が悪い事だと揶揄する事よりも如何に質の高い模倣品が作れるかと言った点を個人的には高く評価していました。その点では中国は日本に勝るとも劣らない技術を持っていたのです。世界の工場として安価で良質な外国製品を作る事も出来るのです。

 


 ただ何時までも模倣品で良い訳はありません。ココからは国家運営(推奨)の出番でもあります。日本も世界に誇れる技術を開発し続けました。中国も国家プロジェクトでイノベーションを追求すると予想したのです。今後中国はアメリカ、日本に肩を並べるぐらい知的財産権を取得するだろうと考えたのです。2004年から2006年当時、この考えも多くの人から否定されました。「あの(知的財産無視の)中国からイノベーションは生まれない」と・・・。

 


 
 結果はどうだったのでしょうか?


出典:グローバルノート 世界の国際特許出願件数2022年
1:中国        70,001    
2:米国        58,699    
3:日本        50,354    
4:韓国        22,024    
5:ドイツ    17,530    
6:フランス    7,757    
7:イギリス    5,746    
8:スイス     5,373    
9:スウェーデン    4,476    
10:オランダ       4,077    


論文数はどうでしょうか?
自然科学分野で国際的に注目される引用回数 科学技術指標2023
トップ10%補正論文数
1位:中国    54,405本(3年連続1位。トップ1%補正でも1位)
2位:米国    36,208本
3位:英国      8,878本


13位:日本    3,767本(昨年12位、2005年4位から右肩下がり継続)    

 


 きゃつの予想の方が正しかったのですが正直ココまでの予想はしていませんでした。アメリカに次ぐ2位か3位ぐらいかな?と思っていました。期待を大きく上回る結果です。


 こうなるとアメリカは焦ります。今後あらゆる分野で中国にNo.1の座を奪われる。特に軍事に関して技術革新された場合は大きな脅威になる・・。中国経済を鈍化させる為にアメリカ市場からの締め出しをドンドン強行している様に見えます。中国側も黙って受け入れている様に見えますが、アメリカ以外の国と外交を強化して対策をしています。

 


 この状態では今後イノベーションが起こりやすい国は中国とアメリカの2強だと予想します。大学ランキングに続き日本は右肩下がりの状態が続いており残念です。

 

 先進国の人口は減少していますが世界の人口は増え続けています。今後はエネルギー問題、食料問題、環境問題など山積みです。これらの問題を解決するイノベーションを期待したいですね。

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

国家運営と経済成長 イノベーションについて 大学編

きゃつは左記のアフィリエイトにより収入を得ています。

 

 

 

 きゃつのブログへようこそ。今回も国家運営と経済成長について紐解いていきます。経済成長に対して欠かせないのはイノベーションです。
 イノベーションは簡単ではありません。国の後押しも必要でかつ時間もかかります。世界に誇るトヨタ社のハイブリッド自動車、アップル社のスマートホン、○○社の医薬品、機械など開発すれば一気にその国の経済を動かす産業もございます。

 


 オーストリアの経済学者ヨーゼフ・シュンペーター氏も著書で経済発展するには、人口増加や気候変動などの外的要因よりも、イノベーションのような内的要因が大きいと説いています。

 


 イノベーションとは技術のみを指すものではありません。生産物、生産方法、市場開拓、資源、組織等でも「新しいやり方」が実現できれば全てイノベーションとして成立します。つまりあらゆる分野で発展の為に支援が必要です。

 


・国家運営とイノベーションで重要なのは、なんといっても教育です。
・国民全員、努力した人に平等にチャンスをが得られる制度づくりも大事です。
・国営・民営等を問わず、イノベーションを実現する環境づくりも必要です。
その他やるべきことは山積みです。

 

 イノベーションは簡単ではありません。長い時間が必要な分野もあります。結果として生まれない事も多々あります。主観ですが将来のイノベーション実現指標の一つとして下記を参考視しています。

 


1世界大学ランキングについて
2023年8月に2024年版最新ランキングが発表されました。今回はTHE世界大学ランキングで発表します。2015年頃まで東京大学はアジアNo.1を長年継続してましたが最新の結果はどうでしょうか?

1:オックスフォード大学         イギリス
2:スタンフォード大学          アメリ
3:マサチューセッツ工科大学    アメリ
4:ハーバード大学            アメリ
5:ケンブリッジ大学              イギリス
6:プリンストン大学              アメリ
7:カリフォルニア工科大学        アメリ
8:インペリアル・カレッジ・ロンドン     イギリス
9:カリフォルニア大学バークレー校      アメリ
10:イエール大学                     アメリ
11:スイス連邦工科大学チューリッヒ校   スイス
12:精華大学                         中国
13:シカゴ大学                        アメリ
14:北京大学                         中国
15:ジョンズ・ホプキンズ大学            アメリ
16:ペンシルベニア大学                  アメリ
17:コロンビア大学                    アメリ
18:カリフォルニア大学ロサンゼルス校     カナダ?(と記載されてた)
19:シンガポール国立大学              シンガポール
20:コーネル大学                     アメリ

 

 

 この分野はアメリカが強いですね。日本の東京大学は29位(2023年39位)京都大学は55位でした。それ以外は100位以下です。驚きは中国の精華大学(12位)です。トップ10入りも見えてきました。凄い事です。

 

総合トップ100入り国別ランキング
1:アメリカ        35校
2:イギリス        11校
3:ドイツ              8校
4:中国               7校
5:オランダ          6校
5:オーストラリア    6校
7:香港                 5校
8:カナダ             4校
9:スイス             3校
10:韓国               3校

 

われらが日本は2校(東京大学京都大学)でした。ココでも中国の躍進が凄いですが香港も5校あり合計すると12校でアメリカに次ぐ2位となります。

 


 この点でも中国の国家運営は及第点と判断しています。

 


つづく

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

2024年もどうぞ宜しくお願いします。

きゃつは左記のアフィリエイトにより収入を得ています。

 

 

 きゃつのブログへようこそ。今回は年始のご挨拶と展望を掲載させて頂きます。

 


 投資銘柄について、2023年の本決算発表は3月末ですが1-9月の四半期で過去最高続出した結果を鑑みると本決算も増益・増益は濃厚で2024年の配当収入も過去最高を更新する事は確実でしょう。結果は11月頃に出ます。株価の推移は予測不能です。(毎年ですが)下がる事を希望します。

 

 

 2024年は中国が台湾へ侵攻すると一部のアナリストが公共の電波を使って断言されていました。また習主席が異例の3期目で経済失速は確実とか破綻スレスレの試練が続くのは確実とか言われた人も居ました。直近の経済状況については1年以内に答えが出ますが今年はどの様な展開になるのでしょうかね?まあ彼らのお陰で我々にチャンスが廻ってきます。

 

 


 2024年も自己責任で中国株への個別銘柄一本で投資を継続します。
 1月4日から新春初買いを入れる予定です。恒例ですが株仲間から連絡を頂く予定で小生も早速新NISA枠を使っていきたいと考えています。投資先については改めてブログでも公開します。投資先の業績は順調であってほしいですね。この方針は一貫してます。

 


 米大統領選挙でTさんが当選したら中国株は下落すると予想しています。先ずは本決算発表の3月までに全力投資します。7-8月と10月には配当が入ってきますので11月5日の大統領選挙後に翌年の新NISA分を残して全て投資しますが、超お買い得な値段になった場合は大統領選の結果前でも少額を投資するかもしれません。投資先はポートフォリオのバランスと第3四半期の業績によって決定します。尚、小生は台湾侵攻と中国経済の破綻は全く想定しておりません。

 


 ブログの方は今年もまったりと記事を書き続ける予定です。投資素人で平サラリーマンの勝手な予想ですが投資に対する小生の考えと結果をこれからも嘘偽りなく掲載します。お時間があれば御読み頂ければ幸いです。

 


 次回は国家運営の内容へ戻ります。

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

国家運営と経済成長 重大犯罪について

きゃつは左記のアフィリエイトにより収入を得ています。

 

 

 きゃつのブログへようこそ。国家運営と経済成長は密接にかかわっています。運営体制は国によって様々ですが経済成長は運営体制で決まるのではなく、運営方法で決まると考えています。今回は重大犯罪について検討していきます。

 


 重大犯罪が多い国で経済成長は期待できません。
 犯罪の抑制は国民が安心して生活できる為に大変重要で国家運営では腕の見せ所です。犯罪対策は国の運営規模が大きいほど(小さな村よりも大きな市区、小さな県よりも東京都)難易度が上がります。
 中国の様に国土が広くて人口が多い場合、多額の費用も掛かりますがそれでも国民の生活を守る為にも安全な社会は経済成長には欠かせないのです。

 


今回は殺人率について各国の状況を下記に示します。
(グローバルノー国債統計専門サイトより)
単位 : 件/10万人  出典:UNODC     データ更新日:2023年5月10日


*2021年の殺人率です。
1:ジャマイカ            52.13    
2:南アフリカ            41.87    
3:セントルシア            38.96    
4:ホンジュラス            38.34    
5:ベリーズ            31.25    
6:セントビンセント・グレナディーン    30.67    
7:セントクリストファー・ネイビス    29.41    
8:トリニダード・トバゴ        29.36    
9:バハマ            29.17    
10:仏領セント・マーチン島    28.73    
11:ミャンマー        28.44    
12:メキシコ            28.18    
13:コロンビア        27.48    
14:ブラジル            22.38
15:ナイジェリア     21.74
16:グアテマラ        19.99    
17:ベネズエラ        19.31    
18:エルサルバドル 18.17    
19:アンティグア・バーブーダ    17.16    
20:プエルトリコ        16.99


40:米国            6.81
41:ロシア        6.80


74:インド         2.94


137:韓国            0.52
139:中国            0.50
149:香港            0.31
152:日本            0.23

 

 凶悪な犯罪は国家が主導して撲滅しなくてはいけません。中国は人口も多く面積も広い中で上記統計は一定の評価が出来ますね。因みに2004年当時にブラジルへの投資を考えなかったのは上記からでした。2004年当時ブラジルは26前後でしたが2018年でも26.64で改善されていません。2020年は多少減少していますが、それでも改善とは言えません。


 中国は2004年当時は1.91から0.5迄減少しています。防犯カメラ等で検挙率が大きく向上した点と厳しい罰則が犯罪を減少させたと思われます。国民の民度と教育も重要です。古の斉の名宰相:菅仲が「人はみな倉廩(そうりん)満ちて礼節を知り、衣食足りて栄辱を知るのです」と申されましたが、政府もこの言葉をよく知っているのです。

 


 上記からも中国の国家運営について僕はネガティブにはなりませんでした。

 


つづく

国家運営と経済成長について、共産党一党独裁では経済成長しないのか?

きゃつは左記のアフィリエイトにより収入を得ています。

 

 

 きゃつのブログへようこそ。今回からのシリーズは国家運営と経済成長について掲載します。主観も含まれますので参考程度にお付き合いください。

 

 中国の様に共産党一党独裁政府に対するネガティブなニュースが散見されています。報道自体は事実でも過大なネガティブ解釈の内容も見られます。
 中国経済に対してネガティブなニュースも散見されます。こちらもアンチ報道が数多く存在しますが、視聴率とか売上向上が目的と見受ける内容も多いです。きゃつの場合は真実を追求し今後の正しい行動を常に模索します。結果は5-10年後にでますが投資を始めて20年弱になるので、今の所は正しい判断が出来ています。

 

 

 国家運営と経済成長について、きゃつなりの考えを掲載します。尚、素人サラリーマンの考えなので暖かく御読みくださいね。

 

 

 経済成長する為に国家運営は非常に重要です。あなたが国家運営の代表者であった場合、どの様な政策を考えますか?きゃつだったら主に下記を考えます。
・政府の安定と法治性
・国全体経済の持続的な発展
・国民への教育とイノベーションの向上
・全ての国民へ健康の向上と保護
・全ての国民が努力すれば繫栄できる社会づくり
・安全保障と外交政策
 まだまだ他にも沢山ありそうですが基本的には国民の平和と安全、経済的に豊かになる事に重点を置くはずです。

 


 当たり前の話ですが国家運営と経済政策は密接に関わります。反対に上記を殆ど無視して権力者(自分)の安全と繁栄しか考えない国家運営での経済成長はありません。
・税金の殆どを軍事利用。
・侵略(もしくは宗教などで)戦争(紛争)が日常的。
・政府と反政府で抗争が起こっている。
・重大な犯罪を放置され続けている。
・国民の為の法治ではなく都合の良いルールで運営されている。
・自分に従わない人間を容赦なく更迭する。

 


上記をコントロールできない国家運営では経済成長どころか国として成立しません。


更には下記も経済成長に対してネガティブにとらえています。
・国民全員が平等に教育が受けられない。
・国民全員が平等に繁栄のチャンスが無い。
・犯罪が頻発し法律も守られていない。

 


 主観ですが、正しい国家運営が出来るか?と共産党一党独裁は無関係であり民主主義国家でも正しい国家運営が出来ていない国は数多く存在します。但し一党独裁国家の方が国民の反発が大きく運営は難しい局面を迎える事が多いのは事実です。

 

 

つづく

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

浙江高速道路 株主割当増資 権利売却の考察について【短編】

 

きゃつは上記のアフィリエイトより収入を得ています。

 

 

 きゃつのブログへようこそ。12月1日に浙江高速道路より権利売却金が入金されました。

 

 入金額の税引き前を持ち株数で割ると1株当たり0.32HKドルでした。チョットした配当ですね。ただ権利落ち日前の終値が5.59HKドルから始値で5.169HKドルなので差が0.421HKドルです。売却は同額では無かったようですね。(当然ですね)

 

 ライツ・イシューは過去にも経験はあったのですが、キチンと状況は記録していなかったので今回はこの機会を逃さずどの位の入金が期待できるのかを残しておきたかったのです。

 

 この銘柄は事業内容は問題ないので、この増資で新たな事業拡大などを実施される事を期待して注目していますが、いい感じに株価は下がっています。ラッキー。このまま年始まで下がり続けてくれれば嬉しい。勿論来年の新NISAで買うつもりです。

 

 今週は短編で作成させて頂きました。

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

完美医療(01830)の4-9月期中間決算について

 きゃつは左記アフィリエイトより収入を得ています。

 

 

 きゃつのブログへようこそ。11月24日、最も沢山保有している完美医療の中間決算が発表されました。毎年、総利益と同額かそれ以上の配当を出していますが今回はどうだったのでしょうか?早速、結果を下記に示します。

 


☆は過去最高値の数です。MAX2個。単位は百万HKドル(EPS、配当は香港ドル)です。

 

完美医療(01830)
【前年2022年9月期 中間決算】
売上高:668.3 純利益:150.6 EPS:0.121 中間配当:0.13
【過去最高 9月期中間決算】
売上高:801.6(2021年) 純利益:242.9
【2023年9月期 中間決算】
売上高:718.1 純利益:166.4(10.4%) EPS:0.132 
中間配当:0.142(特別配当0.01含)

 

【参考】年間業績の過去最高値
売上高:1,389.3(2023年3月期) 純利益:360.1(2020年3月期)

 

 

考察:対前年で増収増益も過去最高は届かず。メインの香港は増収も香港以外(中国本土、マカオシンガポール、オーストラリア)では減収。中国本土ではパンデミックの影響が無くなり業績回復していますが、シンガポールとオーストラリアでインフレ環境が続き生活費が高騰したことが業績に影響したと報告されました。ココが踏ん張りどころですかね。


 
 年間の業績展望ですが売上高は過去最高値が期待できるものの純利益の過去最高値は厳しいと予想します。前年の純利益は上回って欲しいですね。
 一方配当は2年連続(中間決算で)特別配当を計上し配当が純利益を上回り増配の結果でした。この会社は何年も純利益以上の配当を出してくれて強気姿勢は崩していません。本当に珍しいですね。

 

 経営陣の誠実性も高い評価をしていますが(個人的に)、既に最も大量に保有している銘柄なのでバランスを考えて、これ以上の追加投資は控えます。ただ最近(2023年12月初旬)の株価下落から割安感が否めないですね。注目はしていきます。

 

 


 これで9月期の四半期と中間決算が10銘柄で全て出そろいました。現在の所、極めて順調に業績推移しています。12月期の本決算の結果も期待したいですね。

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

2023年1-9月期決算発表について 最終回

きゃつは左記のアフィリエイトにより収入を得ています。

いつも御利用ありがとうございます。byきゃつ

 

 

 きゃつのブログへようこそ。9月期四半期決算の最終回です。最後は最も評価が高かった新華文軒、総合的なまとめと考察です。

 

 

☆は過去最高値の数です。MAX2個。単位は百万元(EPSは元)です。

 

新華文軒(00811)☆☆
【前年2022年9月期 四半期決算】
売上高:7,331.5 純利益:772.4 
【過去最高 9月期四半期決算】
 同上(2022年9月期)
【2023年9月期 四半期決算】
売上高:7,989.7 純利益:940.4(21.7%) 特別配当:0.18元


考察:この銘柄もダブル過去最高更新でした。年間の業績も過去最高を期待出来ますね。お見事です。

 今回の決算発表で特に驚かされたのは特別配当が出た点です。
 この銘柄は2015年にA株に上場した時、上場直後であった為か本決算配当が見送られました。2016年9月期四半期決算時に2015年分として配当が出されました。この行為と2007年の上場来1度も減配されていない点を高く評価し積極的に追加購入を実施しました。現在は大量保有銘柄の一つになっています。今回の特別配当で改めて経営陣の誠実性がしっかりと確認できました。


 今後の業績への自信の表れと判断も出来ますね。こういった事例はキチンと紙に書き出して投資継続、追加購入、売却の参考にしています。

 

 

まとめ
 保有11銘柄のうち1-9月期四半期決算が実施された9銘柄ですが下記の結果となりました。
・減収・減益:1銘柄(CRSC、但し純利益-1.3%でほぼ横ばい)
・増収・増益:8銘柄(CRSC以外すべて)
*増収・減益および減収・増益銘柄はありませんでした。

 

・売上・純利益ダブルで過去最高更新銘柄:7銘柄(広東高速、CRSC以外のすべての銘柄。但し広東高速も年間でダブル過去最高が十分狙える四半期決算内容でした)

 

 まれにみる絶好調の四半期決算でした。11月24日には完備医療の4-9月期中間決算が発表されてこちらも納得のいく内容でした。次回のブログで詳しく紹介する予定です。更に残る天津港発展も中間(1-6月)決算で65%増益でしたので、ほぼ全銘柄が増収の結果でした。

 

 今年の本決算予想は楽観的と判断しています。来年貰える配当も過去最高値をさらに更新する事が濃厚になりましたね。

 


 あれ?中国経済崩壊は?

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

2023年1-9月期決算発表について その4

きゃつは左記のアフィリエイトにより収入を得ています。

いつも御利用ありがとうございます。byきゃつ

 

 

 きゃつのブログへようこそ。9月期四半期決算が10月末で出揃いました。ドキドキワクワクです。不動産業界のデフォルトがきゃつ銘柄の業績も押し下げたのでしょうか?今までの決算内容は絶好調でしたが。

 

 


☆は過去最高値の数です。MAX2個。単位は百万元(EPSは元)です。

 

安徽高速道路(00995)☆☆
【前年と過去最高値:2022年9月期 四半期決算】
売上高:3,985.1 純利益:1,173.2 EPS:0.707
【2023年9月期 四半期決算】
売上高:4,344.0 純利益:1,350.7(15.1%)

 


考察:この銘柄も過去最高更新です。
・12月本決算、過去最高の純利益が1,511.9(2021年)なので年間の過去最高は更新する事が確実視されました。
・この銘柄は配当性向が最低60%なので来年は増配も期待できます。
・去年決算は6%減益でしたが配当が据え置かれた点も高評価です。
・直近7-9月の業績も順調でした。
好調ですね。

 

 

浙江高速道路(00576)☆☆
【前年2022年9月期 四半期決算】
売上高:11,296.0 純利益:2,941.0 EPS:0.677 
【過去最高 9月期四半期決算】
売上高:12,096.2 純利益:3,974.0 EPS:0.915 (全て2021年)
【2023年9月期 四半期決算】
売上高:12,350.0 純利益:4,079.0(38.7%)EPS:0.939

 

考察:こちらもダブル過去最高更新。お見事です。
・年間純利益予想は過去最高値を大きく超える事は無いと予想しています。【参考:12月期純利益過去最高:5,378.8(2022年)】
・この銘柄は株主割当の有償増資を計画通り実行され1株当たりの利益は希薄化されます。但し来年の配当性向は75%となる予定なのでこのままの決算では来年は大幅増配となるでしょう。
・今年、追加投資を実施しましたが来年の新NISAでは購入の中心となる予定なので株価は下がって欲しいです。
権利落ち日前に少しだけ追加購入を実施しました。
今後の動向にさらに注目しています。

 


 今回は高速道路の2銘柄を掲載しました。結果は両銘柄ともダブル過去最高更新で素晴らしい決算内容でした。次回は新華文軒と全ての決算のまとめです。もう結果は分かってますね~。新華文軒は驚きの決算内容でした。

 


追記:(個人的に)注目の完美医療ですが、11月24日に2023年4-9月期中間決算発表日である事がホームページ上に公開されました。純利益の大幅な変動がある場合の事前アラートは現在の所ありません。前年同期並みの決算が予想されますね。

 


つづく

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

2023年1-9月期決算発表について その3

きゃつは左記のアフィリエイトにより収入を得ています。

 

 

 

 きゃつのブログへようこそ。9月期四半期決算が10月末で出揃いました。ドキドキワクワクです。今年に入ってコロナによる行動制限の影響はほぼ無くなったものの、日本では中国の不動産会社がデフォルト等で経済が低迷するなどのニュースが思いっきり飛び交っています。
 こういうネガティブ報道は19年間、聞かされ続けました。きゃつの場合、今年はこれか~。程度で内容を分析しています。皆さんも日本のニュース全て鵜呑みにせず御自身で正しい解釈と行動を実施してくださいね。

 


 早速結果を見ていきましょう。


☆は過去最高値の数です。MAX2個。単位は百万元(EPSは元)です。

 

中国交通建設(01800)☆☆
【前年2022年9月期 四半期決算】
売上高:541,979.0 純利益:15,815.2 EPS:0.91
【過去最高 9月期四半期決算】
 同上(2022年9月期)
【2023年9月期 四半期決算】
売上高:547,701.5 純利益:16,245.9(2.6%)EPS:0.94

 

考察:インフラ銘柄です。不動産の影響を受けるとしたら、この業界と予想していましたが良い意味で期待を裏切り、こちらも売上・利益ともに僅かですが過去最高更新です。投資して数年しか経っていないので経営陣の誠実性が未だ確認できていないので本格的な投資には至っていません。引き続き注視していきたいです。

 

 

中国中鉄(00390)☆☆
【前年2022年9月期 四半期決算】
売上高:850,052.0 純利益:23,016.0 EPS:0.871 
【過去最高 9月期四半期決算】
 同上(2022年9月期)
【2023年9月期 四半期決算】
売上高:884,520.0 純利益:24,012.0(4.4%) EPS:0.913

 

考察:中国交通建設同様、こちらもゼネコン系大手。売上・利益ともに過去最高更新。この銘柄は何と本決算11年連続過去最高更新を継続中。12年目も見えてきましたね。来年は増益と同水準での増配を期待したいですね。

 


 今回はインフラ系2銘柄を掲載しました。両銘柄とも売上・利益のダブル過去最高値を更新しました。順調ですね。このセクターも不動産による業績の影響は限定的と判断しています。

 


 話は少し変わりますが11月末は完美医療(01830)の4-9月期中間決算が発表されますが、前年に比して大きく変動がある場合、事前にアラート(もしくはWARNINNG)があります。 
 毎日のようにホームページをチェックしています(これが意外に楽しい) 
 この銘柄はきゃつにとって影響が大きいので毎回ドキドキしながら発表を待っています。11/11時点でなにも記載が無いと言う事は前年比大きな変動は無いと言う事でしょうかね?
 11月中旬に決算発表日が公表されます。


つづく

 

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村