サラリーマンの小遣いでも中国株投資は不労所得が得られる byきゃつきゃつ

投資で不労所得が得られる記事を掲載。1969年生まれ、中国株投資歴15年。小遣い範囲での投資。趣味はマカオ旅行。

ワンダフルスカイの2020年3月期 本決算

 

きゃつのブログへようこそ。

 

ワンダフルスカイ(01260)の本決算がホームページにアップされていました。50%以上の減益見込みとの事前発表がありましたが、結果はどうだったのでしょうか?香港情勢とコロナウイルスの影響で苦戦している様です。株主からすればガマン継続と言ったところでしょうか。
また、前半と後半で比較をして今後の展望も考えます。

 

まずは2019年4-9月期中間決算です。
売上高:298.0百万香港ドル
純利益:97.4百万香港ドル
無配:(前回も無配)

 

2020年3月期、本決算
売上高:450.5百万香港ドル(前年比30.9%減)
純利益:75.6百万香港ドル(前年比53.2%減)
配当:なし(去年0.027香港ドル

 

 

厳しい決算です。後半の利益は赤字ですね。影響を大きく受けておりますが、ホームページ上では一時的な悪化と考えると書かれていましたので、とりあえず信じようと考えております。この時期を乗り越えれば更に強い企業になりますので・・。ガマン大会は成功するかどうかは神のみぞ知る。ですね。

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

中国株パーフェクトシェイプ(01830)の本決算情報です。

 

 

きゃつのブログへようこそ。本日(6/30)はパーフェクトシェイプとワンダフルスカイの決算発表日です。帰宅して早速ホームページを開いてみると・・・・。ワンダフルスカイ(01260)は未だアップされていませんでしたが、ドキドキのパーフェクトシェイプがアップされていました。

 

この銘柄の簡単な情報と最近のインフォメーションですが

・美容系の会社ですが最近は薬品(美容系?)も手掛けています。
・香港に拠点をおいて、中国・マカオでも店舗を増やしています。
・中国で美容に対して需要が増えるだろうと考えて投資しました。
・3月末が本決算です。
・利益の殆どを配当に回す傾向がありました。
・ただ2019年4-9月の中間配当は無配で株価は下落しました。
・2019年4-9月期は香港での中国政府に対するデモの影響で減収減益かと思いきや、50%以上の増益でした。しかし無配‥(´;ω;`)
・2020年コロナウイルスの影響により中国とマカオで3-8週間休業している?とのニュースがありました。
・大幅な増益、もしくは減益だった場合、事前にアナウンスがありますが今回の本決算ではアナウンスはありませんでした。従って横ばい程度の業績を予想していました。

 

大体こんな流れです。さて、決算はどうだったのでしょうか?

 

先ずは2019年4-9月期中間決算を表示します。
売上高:708.1百万香港ドル(前年比20.0%増収)
純利益:242.9百万香港ドル(前年比51.8%増益)
中間配当:無配

 

 

注目の2020年3月期本決算はどうだったのでしょうか?
売上高:1,240.9百万香港ドル(前年比4%増収)
純利益:360.1百万香港ドル(前年比13%増益)
EPS:0.322(昨年は0.289)香港ドル
期末配当:0.29+特別配当0.05=0.34香港ドル
*2019年は中間配当0.145、期末配当0.144+特別配当0.05、合計0.339香港ドル

 

以上です。あくまで個人的な評価ですが
・上期の業績より下期の業績はコロナウイルスの影響で鈍化しています。
・それでも年間通じて増収・増益は立派です。
・香港・中国両方とも業績は向上しています。(わずかですが)
コロナウイルスの影響が無かった場合は更に向上していたでしょうね。
・最も驚かされたのは配当です。期末も無配を想定していたので嬉しいです。
・7月2日以降の株価は爆上げするでしょうね。現在の株価(2.76)でも利回りが12%を超えますので。
・既に沢山持っていますが・・追加購入は・・・うーーん・・考えます。

 

読者の方でパーフェクトシェイプをお持ちの皆様、おめでとうございます。

 

因みにもう一つのワンダフルスカイはコロナウイルスと香港情勢により50%以上の減益のアナウンスがありました。

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

企業からは貴方に変化が求められる?発想を変えましょう。

 

 

コロナ禍の影響で数多くの会社が経営難に陥っています。海外では依然感染拡大が見られ観光減は深刻です。長期化する事も予想されています。このままではオリンピック開催も厳しいですね。この様な環境下でも企業は生き抜くための変化が求められます。

 

 

また従業員も勤めている会社から変化が求められる事も多いです。英語の勉強とか、ビジネススキルの向上とか、リーダーシップの向上とか・・・様々ですが最近ではテレワークでの業務が出来る事が重要になっていますね。

 

 

スキルアップは必要ですが全ての人に平等にスキルアップは出来ません。例えば25歳で将来的に昇格をする為には様々なスキルアップが必要です。しかし40歳を超えて50歳に近づいてくるとある程度のスキルは身についており、変化に対して抵抗を覚える人も出てきます。変化しろ!と言われていやいや変化しようとすると不利益になる場合もあります。若い人でも昇格を希望する人は年々減ってきています。

 

「出世はしなくても良い。従って新しい事にも挑戦しないし変化もしない」と言うのは論外です。そういう人はいづれ勤めている会社から自主退職を求められるでしょう。会社に勤めている以上はある程度のスキルアップは必要なのです。

 

 

最近コロナの影響で、有名劇団もかつてない経営難になっているとのニュースがありました。演劇の質を向上する為に投資を集中させ、危機管理に対する投資を怠っていたとのコメントも聞きました。本業のスキル向上は素晴らしい事ですが、危機管理の方の投資も大事だったと気付かされた典型です。

 

皆様は変化について考えた事はありますでしょうか?皆様の変化とは仕事のスキルアップのみでしょうか?それとも仕事とは関係のない新たなスキルの習得でしょうか?

 

 

主観的なコメントで恐縮ですが、、、
20代の人は仕事のスキル向上の為に全力を尽くしてください。まずは給料を上げましょう。満足のいく給料でない場合は転職も視野に入れましょう。若くてスキル経験が豊富な人は転職しても成功します。

 

20代後半からは危機管理のスキルも身につける事も考えましょう。どんなことでも良いです。少しづつでも良いです。最も大事なことは継続する事です。貯金でも投資でも副業でも何でも良いですが、それで将来に対する不安が取り除ければOKです。

 

30代前半からは本格的に危機管理の対策も将来的なビジョンを持って実行する事をオススメします。特に出世を考えていない人は、こちらの対策の方が重要です。
きゃつも出世はしたくない人でしたので、30代前半から株式投資を真剣に始めました。小遣い範囲の少しづつですが、リーマンショック等々の出来事も関係なく継続しています。


なーんにも考えてなかった場合、50代になったら焦りますよ~。

 

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

外出自粛で得られた?こと

 

 

コロナウイルス感染拡大防止の為に多くの方が自宅内での生活を余儀なくされていたと思われます。初めての経験でしたね。

 

きゃつも自宅で仕事はしていましたが移動時間も無く、17時になったら仕事は終わってよいので、ゆとりの多い仕事でした。小生は元々出不精なので、ストレスは全く感じませんでしたが、折角の機会なので、お金をかけずに楽しむ術を模索してみようと考え小遣い帳もつけました。皆さんは外出自粛時はどの様に過ごされましたでしょうか?

 

①ユーチューブを見る。
最近は芸能人も新たに参入して、面白い番組も増えてきています。特に料理番組、オンラインカジノ番組などは楽しく拝見しています。旅行系番組も好きですが期間中はアップできませんね。

 

②TV番組をみる。
以前のブログでも紹介しましたが、自分の部屋にDIGA(DMR-BRX4000)があります。これが優れもので全番組を過去3週間まで自動録画しています。更にHDDには12倍程度圧縮して録画されている為、画質は少し落ちるものの、問題なく沢山の番組を過去に遡ってみる事が出来ます。コマーシャルも飛ばせて1.3倍速での視聴も可能です。この機会なのでお気に入りの番組を増やして見ていました。世界のニュース番組、ドキュメンタリー、バラエティなどがお気に入りです。

 

③マンガを読む。
アプリでマンガを無料で読む事が出来ます。最近知りました。意外と沢山種類があるので時間つぶしには最適です。

 

④ゲームをプレイする
殆どの方が実施されているかもしれませんがスマホで無料でもクオリティーの高いゲームが楽しめます。クラッシュ・オブ・クランは5年以上楽しんでいます。昔ほど熱中していませんが、最初はクラン対戦で、凄く盛り上がった時期もありました。

 

⑤ウォーキングを楽しむ
土日の朝7km程ウォーキングで少し汗を流しています。走る事も考えましたが、少し走るとすぐに疲れてしまいます。(ダメおやじです)ウォーキングの間、投資の事とか考えるのが好きです。仕事の事を考えてしまう事も有りますが、直ぐに修正して楽しい事を考える様にしています。

 

無料でも自宅で楽しく過ごす事は出来るものだなー。と感じました。と同時に、ダメおやじ化している期間でした。更には終息したら元の仕事は出来るのか?と不安も感じている50Ageオーバーでした。

 

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

パーフェクトシェイプ(01830)とワンダフルスカイ(01260)

いつもご利用ありがとうございます。

 

 

今回は投資銘柄についての掲載です。
きゃつのブログを過去からご覧いただいている方はご存知かもしれませんが、中国株投資歴が、あと少しで16年になります。(投資開始は2004年7月18日。こつこつと貯めたお小遣いを全額投資)当時、株式投資の経験は国内を含めゼロ。

 

投資銘柄については基本的に長期保有を原則としていますが2004年当時からの保有銘柄は2つで残りは売却しちゃいました。

 

銘柄選択の哲学は大きく変わりました。(詳しくは過去のブログをどうぞ)香港市場には中国企業だけ上場している訳ではありません。世界各国の会社も上場しています。
哲学の一つとして中国企業よりも香港企業(及び台湾企業など)の企業的評価を1段階高く設定しております。経営者の信頼度の問題です。

 

香港企業で中国本土に対しても事業を実施している会社をテーマに探した銘柄が、パーフェクトシェイプ(必痩站01830)とワンダフルスカイ(皓天財経01260)でした。事業内容については気になる方は過去のブログを御参照下さいね。

 

両銘柄は日本と同じく3月期が本決算ですが、決算発表は6月末です。決算内容が前年と比べて大きく増えたり減ったりした場合、事前にホームページ上でお知らせされます。
掲載時期は5月初旬から5月末位です。

 

ワンダフルスカイのホームページより、
「香港の社会的情勢およびCOVID-19の発生により収益が前年比50%以上減少の見込み」
とのアナウンスがありました。

 

パーフェクトシェイプではアナウンスはありませんでした。(2019年4-9月期中間決算では50%以上の増益でしたので本決算はCOVID-19の影響により相殺され大きな変動が無かった為と思われます)

 

ワンダフルスカイに関してはこの状況で直ちに売却は考えません。むしろ株価が下がった場合は少しですが追加購入も検討したいです。

 

それよりも悪いニュースも良いニュースも定期的にホームページに掲載して頂ければ外国人投資家にとっては安心感が出てきます。この辺りが投資家に対して好感度が得られるのかな?と感じております。アメリカ株を保有されている方からすれば当然かもしれませんが・・。

 

両銘柄とも2013年から投資を始めて追加購入しています。パーフェクトシェイプは大きく含み益があり、ワンダフルスカイは大きく含み損がありますが両方とも将来成長に関しては今の所、楽観視してます。

 

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

【雑談・習慣】小遣い帳をつけてみました。

 

 

きゃつの投資資金はサラリーマン給料からのお小遣いと株の配当収入です。サラリーマンを引退した場合は配当収入のみです。

 

コロナ騒動でテレワークをする事が多く、自宅で勤務する事が多かったのですが、その間、折角の機会なので小遣い帳をスマホのアプリで簡単につけてみました。小遣い帳をつけていると不思議と節約を意識します。

 

小遣いとして、いくらあれば最底辺の生活が送れるのか?これも興味がありました。最小の必要経費は人によって大きく異なりますが、きゃつは贅沢をしなくても十分幸せに生きていける部類だと考えております。

 

3月23日から5月22日までで18,917円使っていました。具体的な項目は非公開ですが、この中には散髪代なども含まれています。

 

小遣い帳は凄く簡単に出来ますので、しばらく続けtてみようと考えています。月1万円程度あれば最低限の不自由ない生活が送れるのだな!!と言うのが分かったのは大きな成果でした。ただ・・家族を養う為には一定の収入が必要なのでサラリーマンを引退することは出来ませんが。

 

皆様も、最低限の生活に必要なお小遣いの検証をしてみては如何でしょうか?

 

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

【雑談】株式投資はだいたい裏をかかれます。

 

 

投資初心者の方や未経験の方は投資をして、お金持ちになる夢を見ます。(僕もです)
将来有望な会社を見つけて投資しますが、翌日には大きく上昇する事を考えます。

 

しかし著名な投資の先生が「だいたい裏をかかれますよ~」と言われて自分も最初は信じませんでしたが、実際投資してみて多くの銘柄で投資直後では良く下落しました。

 

投資する前は、「早く買いたい!」とか「上がる前に買いたい!」等の心理的要因で買い急ぐ事が原因なのか、投資後の株価は下落する事も多かったのです。

 

今回のコロナ騒動でも経済への影響は大きく、リーマンショックの時を遥かに上回っています。予想通り1-3月の決算は過去最低でした。当然、株価の下落を予想し資金も確保して投資機会を複数回に分けたプランを考えていますが株価は最初に下落したものの徐々に復活しリーマンショック時の様な下落は今の所ありません。

 

2019年本決算配当の権利落ち日が多くの銘柄で5月から7月なので権利前に購入するか、権利は捨てて、1-6月の決算発表を待って投資をするべきか少々悩んでいますが正解は神様しか分かりません。

 

こういう時は買わずにじっと我慢した方が無難なんでしょうかね?
投資って簡単そうに見えて難しいですね~。

 

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

【雑談】サラリーマン働き方の大変革か?

何時も有難うございます。byきゃつきゃつ

 

 

きゃつのブログへようこそ。きゃつも冴えないサラリーマンのオヤジです。昨今の外出制限で自宅でのテレワークを長期間実施しています。緊急事態宣言が解除されても一定期間はテレワークが継続する見込みです。

 

確かに出社しなくても自宅である程度の仕事は出来ますね。きゃつの場合は営業ですが、お客さんとの対面でなくてもある程度の仕事は可能です。また昨今の状況から得意先の理解も得られますのでテレワークでの勤務を継続しています。

 

テレワークが更に継続される場合、疑問が2つ。一つ目は勤務地が今の所でも良いのだろうか?今は営業担当エリアに居住していますが、テレワークのみで全ての業務が遂行可能になった場合、この場所に居住する必要が無くなる可能性もあります。効率を求めらて一か所に集められて勤務する事になると単身赴任になってしまう不安もございます。

 

もう一つは、現在の営業人員が果たして必要なのか?と言った不安です。雇用不安ですね。恐らく自社のみならず、業界全体及び社会全体で多くの会社員が抱えていると思われます。時代の流れとは本当に恐ろしいもので、若いうちに仕事上必要と考えられるスキルを一生懸命身につけていても時ともに殆どが不要になる事が起こるものだなー。と実感しています。と同時に株式投資を30代から始めておいて本当に良かったな~。もっと早く気付いてれば良かったなー。と強く感じてもいます。

 

きゃつの場合、50歳まで勤務できている点、長期間株式投資に真剣に向き合ってある程度の利益が得られていた点で、まだ救われていますが現時点で30代、独身(結婚願望あり)、貯金無し。など典型的なサラリーマンの多くの方である程度の不安を抱えているのではないでしょうか?

 

これからの世の中がどうなるか?なんて想像もつきませんが、仕事のスキルを身につける事とそれ以外のスキルも重要になってきますよ。世の中なんて目まぐるしく変わりますから。

 

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

【主観】全人代開幕、個人的な考察です。

 

 

全国人民代表大会新型肺炎の影響で2ケ月半遅れて北京で開催されました。毎年多くの議題が上がっていますが、今まで個人的に注目していたのは「環境問題をどう考えているのか?」と「今年のGDP成長の目標値」でした。

 

今年のGDPについては特に注目していましたが「世界の感染状況と経済・貿易情勢の不確実性」を理由に発表が見送られました。更には香港・台湾の状況にも言及し22日の香港市場では株価が大きく下落しました。

 

確かに中国国内での経済は回復しても世界の経済状況が不安定であればGDP成長については目標を設定しづらいですね。

 

きゃつは中国国内での経済成長を期待して国内銘柄を中心に投資していますので国内の景気回復、消費意欲の方が気になります。1-3月の決算はひどい状況でしたので現在の株価では投資を見送っていますが、お買い得価格になった場合は投資を考えるかもしれません。

 

もう一つ、中国のGDP成長数値に関して「胡散臭い」とか「鉛筆舐めて適当に数値を出している」とかの批判されているプロのアナリスト(?)がいて、このブログでも反論しました。

 

今回のGDP成長の見送り(言及せず)は、すごく真っ当な判断だ。と感じております。もし「今年のGDP成長率は2%です。」等の具体的数値が出てくる国があった場合、その国の方が「胡散臭い」と判断されますね。皆様がお勤めの会社も中期計画とか長期計画とか発表されています。30年間サラリーマンしてますが全て胡散臭かったです。(他社のそれも含めて)

 

一個人の意見ですので参考程度に考えてくださいね。私は決して中国びいきでは無く自分が資産を形成するにあたり、どの方法が良いのか?をあらゆる角度から考えているだけですので・・・。

 

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

投資銘柄の情報はしっかりとチェックしましょう。

 

 

きゃつのブログへようこそ。


今回は投資銘柄の情報収集について掲載します。きゃつの場合、中国銘柄に投資していますが、日本では銘柄ニュースは入手しづらいのが現状です。だからと言って「投資しない」とか「情報を入手しない」等の理由にはなりません。これから世界各国の中で、どの国が成長する可能性が高いのか?その中で、どの産業が成長するのか?を見極めて投資する事が重要です。(きゃつの場合失敗も多いですが)情報は自ら探す方法は沢山あります。

 


銘柄を見つけてから本格的な投資を開始するまでに時間をかけますが、一度投資を決めたら情報を入手する努力は怠りません。また成長が一定の基準を満たしていれば20年でも30年でも長期間保有し続けます。10年以上見込み通りの成長が得られればその投資は成功する可能性が高いのです。

 


一つの銘柄に長く投資を続けていると銘柄の特徴・・・と言いましょうか・・何となく傾向が見えてきます。例えばパーフェクトシェイプ(01830)の傾向ですが、3月期が期末本決算でこの銘柄は業績の予想については定期的に公開しています。

 

2019年4-9月期の中間決算では約51%の増益で3年連続の50%超の成長が見込まれていました。ところがホームページのIR公開で4月に新型肺炎の影響で香港とマカオでの一時的な閉鎖の発表及び売買契約の見直し、販売契約自体は5%程度の増加が公表されました。ちなみにきゃつは英語も中国語も完ぺきではありません。

 


例年であれば5月10日前後に期末決算の大幅な成長(または減少)の発表がホームページ上で公表されますが、今年はそういった発表が現時点で見られません。

 

・・・と言う事は2020年3月期の本決算は前半で成長し、後半でコロナウイルスの影響を受けてトータルで横ばいの業績であるとの予想と考えます。具体的な数値と配当があるのかどうかは実際の発表を待ちます。

 

この様に自分が出資している銘柄の情報は、なるべく注意を払って入手する必要があります。多くの人は毎日の株価の方ばかり気にされている様ですが、投資で成功される人は銘柄情報の方を重要視しています。

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

【雑談・主観】赤字決算でも株価は元に戻る理由とは?

いつもご利用ありがとうございます。

 

 

1-3月期の四半期決算が発表され中国銘柄では予想通り厳しい業績の企業が増えております。全世界で今回の規制などによる影響はリーマンショックを軽く超えるとも言われています。一方で株価は一時的に下がっても元に戻る気配が見られております。

 

何故なのか?業績不振は一時的である等、理由は複数考えられますが、最も大きいのは各国の株価下落対策では無いでしょうか。つまり株価下落時に国有銀行等が株を買う事を実施するのです。

 

日本もアメリカでも今回の騒動とは別に実施されておりましたが、悪い言い方をすれば株価操作です。日本では年金機構・日銀等がファンドを通じて日本株を買い漁っています。大企業の大株主が日銀と言った事も現実に起きています。

 

ではそのお金は何処から出ているのでしょうか?税金でしょうか?それとも単にお金を印刷して賄っているのでしょうか?国債発行で得られた資金でしょうか?きゃつは専門家ではありませんので詳しくは分かりませんが税金で賄えるだけの金額ではありません。国債等を印刷している可能性が考えられます。全世界でこの様な事を実施すれば、ハイパーインフレが心配されますが近い将来では起こらないでしょう。

 

国が借金を抱えすぎて後にしっぺ返しが来るように、国が株を買いすぎた場合も後にしっぺ返しが来る様な気がしております。

 

貯金を増やすだけでもお金の価値が下がってしまえばお金持ちにとっても大きな打撃を受ける事になりますので注意が必要ですが。

 

投資家の皆様はどの様な対策をお考えでしょうか?
株価上昇は上記だけの単純な話では無いかもしれませんが、ある程度の流れが分かれば対策が講じやすいかもしれませんね。

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

注目の1-3月の決算報告について

いつもご利用ありがとうございます。

 

 

きゃつのブログへようこそ。

 

遂にこの時がやって来ましたね。外国企業の多くは12月末締めなので1-3月の四半期決算発表です。恐らく多くの企業でコロナウイルスによる影響が大きかったものと思われますが、きゃつの銘柄もそうでした。前回報告した江蘇高速(00177)以外を掲載します。


広東高速道路(200429)
売上高:211.2百万元(前年比▲71.3%)
純利益:▲70.1百万元(赤字転落)
EPS:▲0.03元


浙江高速道路(00576)
売上高:1,567.0百万元(前年比▲41.0%)
純利益:220.5百万元(前年比▲78.0%)
EPS:0.0508元


安徽高速道路(00995)
売上高:272.3百万元(前年比▲63.7%)
純利益:▲26.1百万元(赤字転落)
EPS:▲0.0158元


東江環保(00895)
売上高:658.0百万元(前年比▲18.4%)
純利益:55.5百万元(前年比▲48.5%)
EPS:0.06元


国鉄路通信信号
売上高:5,150.0百万元(前年比▲34.7%)
純利益:505.0百万元(前年比▲25.4%)
EPS:0.04元


中国銀行(03988)
売上高:148,543.0百万元(前年比5.3%増)
純利益:52,583.0百万元(前年比3.1%増)
EPS:0.17元

 

以上の結果でした。結構悲惨な状況です。減益・大幅減益・赤字転落と新型肺炎の影響をモロに受けた感じです。

 

・・・となると期待される?のは株価の下落ですが・・・待てど暮らせど株価は思ったような下落を見せない・・・。うーん・・・どうしよう。非常に悩ましい今日この頃です。

 

ほぼ確定しているのは下記の2つ
・2020年は減収減益は必須。
・2020年の減配も必須。

 

これからの行動で悩むのは下記の3つ
・多くの銘柄で2019年本決算の権利落ち日が5月にあるのでその前に購入し7-8月の配当利益を得る。
・多くの銘柄で2019年本決算の権利落ち日後に株価の下落が予想されるのでその時に購入する。
・今年の投資は基本的に見送る。

 

もうちょっと考えたいですが購入時にはこのブログにも掲載します。因みに売る事は全く考えていません。

最後まで読んで頂き有難うございました。

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

【決算情報】江蘇高速道路(00177)2019年本決算と2020年1-3月四半期決算について

何時も有難うございます。

 

 

きゃつのブログへようこそ。

 

本来ならば3月末までに発表される予定でしたが、監査が遅れて発表が遅くなったようです。速報は出ていましたが、配当が未掲載でしたのでブログへの更新は見送っていました。

 

保有銘柄のうち最後の記載になります。

この銘柄は2004年7月、中国株を始めた当初から購入し未だに持ち続けています。2018年に沢山追加購入しました。(高かったですけど)

 

2019年12月度本決算
売上高:10,078.1百万元(前年比1.1%増)
純利益:4,199.7百万元(前年比4.0%減)
EPS:0.8336元
期末配当:0.46元(前年0.46元)

 

過去最高値
売上高:上記の2019年が過去最高
純利益:4,376.6百万元(2018年)

 

売上高は過去最高を更新し初めて100億元を突破しました。純利益は過去最高だった2018年を更新する事は出来ませんでしたが購入を開始した2004年当時から比べると売上高は3倍以上、純利益は4倍以上になっています。

 

さらに注目しているのは、

 

『この会社は配当を下げた事が一度も無い』

 

点です。2004年から需要増に対する大規模な車線の拡張工事を実施し2005年の純利益が30%落ち込みましたが配当は下げませんでした。EPSが0.13元に対し配当は0.145元のままに据え置いた実績があります。更に今まで15年以上、利益が落ちても配当だけは据え置き、利益が増えた時は配当を増やす事をずーーーーっと実行しています。

 

株価は高くなっていましたが2018年に多めに追加購入を決定しました。今回も4%減益でしたが配当は据え置きでした。

 

こういう会社は持っていても安心ですよね。ただ高速道路株は新型肺炎の影響をもろに受けますので1-3月は流石に厳しい決算になります。先ほど発表がありました。

 

2020年1-3月 四半期決算
売上高:963.5百万元(前年比59.2%減)
純利益:▲32.7百万元(赤字転落)
EPS:▲0.0065元

 

2020年最終は黒字になる可能性もありますが、さすがに配当は減りそうです。でも経営陣の誠実さ(虚偽など)は過去の実績が証明されていますので、このまま応援し続けます。

 

既に広東高速と安徽高速の1-3月決算が発表されていますがいづれも赤字です。こちらについても後日ブログに掲載します。株価が大きく下がるようでしたら高速道路銘柄は安定感は高いので追加購入も検討します。

 

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

【決算情報】東江環保(00895)2019年12月期本決算について

いつもご利用ありがとうございます。

 

 

いつもブログを読んで頂き有難うございます。

 

今回は待ちに待った東江環保の本決算について掲載します。この銘柄は2005年に沢山購入しましたが追加購入はせず、2018年に一部だけ売却しました。まだ沢山残っています。配当だけで既に購入金額の元手をとっており非常に当たり投資だった銘柄です。

 

中国で産業廃棄物処理の会社は長く成長するビジネスと考えて投資を始めましたが予想通り売り上げは15倍、純利益も10倍以上になりました。こういう銘柄に投資出来たら気持ちいいですね。ただ、このように上手くいかないのが株式投資ですが。

 

2019年12月本決算
売上高:3458.5百万元(前年同期比5.3%増)
純利益:423.9百万元(前年同期比3.9%増)
EPS:0.48元
期末配当:0.15元(前年0.14元)

 

でした。飛躍的な伸びは無かったものの、堅調でした。過去の決算を見てみると売上は毎年増え続ける傾向にあり、純利益は少々波があります。事業内容を鑑みると将来も成長し続けそうな予感がしております。また利益が微増だったのに配当は増やしてくれている点は評価できると考えております。

 

因みに過去最高は
売上高:今回発表の2019年12月期
純利益:533.8百万元(2016年、確かこの時臨時収入を計上したような・・)
でした。

 

既に沢山持っているので追加購入するかどうかは微妙ですが、売却は考えておりません。これからも頑張って欲しいです。

 

投資は自己責任で。最後まで読んで頂き有難うございます。

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

【雑談】お金の重さについて②

いつもご利用ありがとうございます。

 

 

いつもきゃつのブログを読んで頂きまして有難うございます。

 

今回もお金の価値についてきゃつの主観で恐縮ですが掲載いたします。一個人の考えなので全てが正しいとは限りませんので悪しからず宜しくお願い致します。

 

政府は国民一人当たり所得制限なく10万円の給付金を支給すると発表しました。凄いなーと思いましたが財源は何処から出てくるのでしょうか?TV番組で財源の話になると出演者が「日銀にお金を印刷させれば良い。」とのコメントが複数聞かれます。

 

また東日本大震災の時に復興特別税として所得の2.1%を上乗せ徴収を25年間実施する事が決定し、住民税も道府県及び市町村から各500円(合計1000円)が10年間追加徴収されています。今回も一旦国民一人当たり10万円は配布された後に追加で増税される可能性が出てきました。

 

納税は国民の義務なので、きちんと支払いますが、果たして納めた税金は困った人にきちんと還元されているのでしょうか?と言う点とサラリーマンは給料から問答無用で天引きされるので取りやすい人から増税されている点に疑問があります。

 

増税が行われなかった場合、政府が日銀に日本銀行券(お金)、もしくはそれに匹敵する記念コインの様なモノ?を大量発行させて財源を確保する事が考えられますが、この場合、遠い将来、お金の価値が下がってしまうのでは?と言った疑問が生じます。お金は信頼をもとに成り立っていますので信頼が無くなればただの紙切れに過ぎません。

 

こう考えると日本円の貯金だけで自分の身を守ろうと考えると少々危険な気がします。また同様に多額の補助を行っている海外のお金に換える事も危険です。まずは衣、食、住を中心に生活に必要な日本円と日本以外での資産も持っておくことも重要だな。と考える様になりました。中国株を始めた時から円資産だけに頼る事は避けるように心掛けておりました。

 

今後、どのような方針で財源を確保する事になるかは不明ですが大企業のサラリーマンでも被害を受ける可能性は高そうですね。

 

一方で医療機関で頑張っている方々には本当に頭が下がります。ご活躍の自衛隊の皆様と医療従事者の方々には終息後に本当に多額なボーナスを支給してほしいですね。

 

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村