サラリーマンの小遣いでも中国株投資は不労所得が得られる byきゃつきゃつ

投資で不労所得が得られる記事を掲載。1969年生まれ、中国株投資は2004年から。小遣い範囲での投資。趣味はマカオ旅行と節約。

12月本決算の発表が完了しましたね。コロナ禍で結果はどうだったのでしょうか? パート3

 

 

12月本決算の結果が出揃いました。今回の発表内容は減収・減益・減配の悲惨な状況を想定していましたが早速保有銘柄の決算を見ていきましょう。以前のブログで紹介した銘柄と3月末が本決算のパーフェクトシェイプ、ワンダフルスカイは除きます。また単位は売り上げ、利益は百万元、EPS、配当は元です。このシリーズ最終回です。

 


2020年1-12月 本決算結果

 

江蘇高速道路(00177)
売上高:8,032.0
純利益:2,464.0(前年比:-41.3%)
EPS:0.489(2019年0.833)
配当:0.46(2019年0.46)
過去最高:売上:10,078.1(2019年)純利益:4,376.6(2018年)

 

コメント
2020年1-3月赤字転落、6月中間では-78.7%減益から良くココまで持ち直しました天晴れです。この銘柄は2004年から持っていますが過去に減益があっても配当だけは一度も下げた事が無かったですが流石に今回は下げざるを得ないと予想していました。・・が見事に裏切って今回も配当額は下がりませんでした。こういった行為は投資家としては非常に信頼が出来ますよね。2018年に追加購入して大量購入の仲間入りしましたが末永く保有して長く応援します。

 

 

 

中国銀行(03988)
売上高:565,531.0
純利益:192,870.0(前年比:2.9%)
EPS:0.61(2019年0.61)
配当:0.197(2019年0.191)
過去最高:売上:565,531.0(2020年)純利益:192,870.0(2020年)

 

コメント
中国4大銀行の一角です。2006年銀行銘柄は一斉に香港市場に上場ラッシュの年でしたがきゃつも一つぐらいは欲しくて何も考えずに購入しました。この銘柄は香港ドルを印刷しています。業績も順調に推移しておりますが2008年にリーマンショックが起きた影響で金融機関の人気が急落し殆どの銀行銘柄が割安で推移しております。コロナの影響でも過去最高の業績は立派ですね。人気は相変わらず無さそうなので安くなった時を狙って追加購入も検討したいです。

 

 

 

天津港発展(03382)
売上高:15,490.0
純利益:636.0(前年比:63.8%)
EPS:0.103(2019年0.063)
配当:0.041(2019年0.025)
過去最高:売上:33,559.9(2014年)純利益:819.1(2014年)

 

コメント
2015年、天津港で大規模な爆発事故が起きて以来業績は右肩下がり。今回コロナ禍でも業績が前年より良かった理由は為替の変動を受けて香港ドル建ての負債に為替差益が生じたことを挙げています。前年は為替差損を計上していた様でした。うーん。可もなく不可もなくが続いていますが、きゃつの売却ルールには当てはまりませんので取り敢えずホールド継続ですかね。

 

 


2020年の本決算は総じて期待を上回る内容でした。多くの銘柄で高い評価をしています。きゃつの場合、業績が安心できる内容であれば株価がどうなろうが関係ありません。むしろ株価下落=割安となりますので積極的に追加を狙います。賢明なる投資家は夜ぐっすりと眠ります。業績についてはしっかりとモニターします。最後まで有難うございました。

 

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村